外壁・屋根塗装 施工事例CASE

2020年12月24日更新

三重県四日市市 S様邸 外壁塗装

施工前
  • 02_06a_2019_05_三重県四日市市_S様

    施工前外観

施工後
  • 02_06b_2019_05_三重県四日市市_S様

    施工後外観

施工内容外壁塗装
使用材料断熱ガイナ(日進産業)

麻布 より

三重県四日市市、S様邸の施工事例をご紹介します。
今回S様より、外壁塗装のご依頼をいただきました。

外壁塗装には日進産業の断熱ガイナを使用しました。
断熱ガイナは夏は暑くなる原因となる熱の発生を抑え、冬は熱の移動を最小限に抑えられるため室内の温まった熱を逃しにくくするという特徴があります。

▶日進産業 断熱ガイナ についてはこちら

外壁塗装は塗装をする前の工程として、多くの下地処理があります。

外壁の目地のシーリング工事や、ひび割れ処理など、塗装をする前の一番重要な作業です。
その後、塗装しない箇所を全て養生、マスキングして、下塗り・中塗り・上塗りを行います。
最後にお家全体の見直し、掃除を行い、お客様に一度ご確認いただき、ご了承をいただけましたら、足場の解体となります。

塗膜は塗った直後が一番きれいであり、経年劣化は避けられないため、AZABU三重営業所ではしっかりとアフターケアに努めて参ります。

三重県四日市市、桑名市、津市の外壁塗装・屋根塗装はAZABU三重営業所にお任せください!

▶屋根・外壁塗装の0円診断 についてはこちら