外壁・屋根塗装 施工事例CASE

2020年12月23日更新

愛知県豊田市 Y様邸 外壁塗装・付帯部塗装・ベランダ床塗装

施工前
  • 付帯部詳細

    施工前外観写真

施工後
  • 施工後外観写真

施工内容外壁塗装・付帯部塗装・ベランダ床塗装
使用材料1F外壁:アーバントーン 2F外壁:EC-5000 軒天井:ケンエース 付帯部・雨戸:4Fフッ素

麻布 より

愛知県豊田市にて、外壁塗装と付帯部塗装、ベランダ床塗装のご依頼をいただきました。

1階外壁塗装にはアーバントーン、2階外壁塗装にはEC-5000、軒天井にはケンエース、付帯部と雨戸の塗装には4Fフッ素を使用しました。
また、ベランダ床にはトップコート保護膜塗装をしました。

AZABU豊田営業所では、外壁塗装の下塗りにこだわっています。

下塗りは外壁と塗料を密着させるための接着剤となるため重要な作業です。

今回、1階は水性の下塗り材ワイドシーラーを使用し、その後、アーバントーンで中塗り・上塗りを行いました。

アーバントーンを使用すると、立体感と深みのある多彩模様が個性的で上品な外壁に仕上がります。
また、紫外線・熱・雨などの劣化原因にも強く、 長期にわたり美観を維持します。

1階の外壁で使用した塗料の色はアーバントーンのTU-29です。

また2階は、水性の下塗り材エポパワーシーラーを使用し、その後、EC-5000で中塗り・上塗りを行いました。
EC-5000は防水性が高く、立地や環境によって細かなヒビ割れが発生するお家には、最適な塗料です。

2階の外壁で使用した塗料の色はEC-5000のクールホワイトです。

▶EC-5000 の塗料についてはこちら

軒天井は、ケンエースで2回塗りをしています。

最後に、付帯部・雨戸ともに4Fフッ素にて2回塗りをしました。

外壁の塗装で、紫外線や雨風などから建物を守ることはもちろん、新築時のような美しさを取り戻すことができます。

愛知県豊田市、岡崎市の屋根・外壁塗装はAZABU豊田営業所にお任せください!

▶屋根・外壁0円診断も行っています!