麻布の塗装論TOPICS

屋根塗装

 2020年10月14日更新

屋根といいましても、瓦屋根、スレート屋根(コロニアル)が多く、トタン屋根、ガルバリウム、陸屋根といったように、屋根にも様々な種類がございます。

 

ここでは、一般的に最も多いスレート屋根をテーマにご説明させていただきます。

 

外壁と比較したら屋根の方が劣化は早いです。
理由はお察しの通り、直射日光を常に浴びているからです。
また、このスレートコロニアルという屋根材は、安価でよく使われていますが、決して耐久性は高いものではありません。
だから塗装をして、保護してあげることが重要なのです。

 

スレート屋根の塗装に必須なのは
縁切り(タスペーサー)

タスペーサー

スレート屋根は、コロニアルと言ったり、カラーベストと言ったりしますが、いずれも同じものを指すと思ってください。
(カラーベストやコロニアルというのは、ケイミュー社が製造している商品名です)

 

スレート屋根を塗装するのに、必ず必要なのが縁切りです。
縁切りとは、屋根塗装の際の雨漏り防止策としてなくてはならないものです。

 

塗料を塗ることで、屋根材同士の隙間が埋まる。
それにより、毛細管現象で、雨水が宅内に浸入する。
それを防ぐためのものです。

 

吹付け塗装の場合は、必要ありませんが、ローラーで塗るには必須です。
最近は、タスペーサーという便利なものも出ています。昔はすべて、手で縁切りしていたものですが。。。

 

スレート屋根の塗装で一番肝要なのは下塗り

スレート屋根は特に、下塗りが一番肝心!

下塗りを怠ると一巻の終わりです…。

 

下塗りには、水性の下塗り材「シーラー」と、溶剤の下塗り材「プライマー」があります。
溶剤のプライマーのほうが、耐久性は良い。
壁は水性だとしても、屋根には、プライマーが最適。水性のシーラーは絵の具、プライマーは油性のペンキ。どっちが長持ちするかはわかりますよね。

 

下塗りの際には(もちろん、きれいに洗浄してからの話ですが)素地の細かな気泡を埋めるつもりで、均しで1回、完全硬化の後に仕上げるつもりで1回。
ここまでは無条件で塗るべきと考えます。

 

肝心なのはココから…。
飴色に、濡れた感じになってるか否かの問題です。乾いているのに濡れてる感じ…。それが大事。

 

濡れた感じなら次の上塗りに移って結構!濡れた感じが無いならば、もう1度塗る!
これが鉄則です。

 

これをやらないと、いい状態で10年もたない。もつわけ無い!

 

上塗りに何を塗ろうが、これが一番肝心要なのです。

 

屋根塗装の下塗り前の下地処理

屋根下塗り

屋根塗装の際の下地処理は、実はたくさんの工程があります。

多くの方は、高圧洗浄は耳にした方も多いと思いますが、それ以外にも必要な工程があるのです。

 

屋根棟の釘頭シ-ル処理…。これは、釘が浮いて、そこからさびや腐食、漏水を防ぐためのもの。
唐草(カラクサ)の入念な塗装…。唐草(カラクサ)は、屋根の先端、雨水を軒天や破風に染みさせないための重要部分です。

 

棟板金の繋ぎ目シ-ル…。これは、棟板金同士の接合部からの雨水の浸入や、強風で棟板金が飛ぶのを防ぐ目的もあります。

 

屋根塗装は合計4回以上の塗り重ねを!
高圧洗浄水洗い作業と下地処理、雨漏り防止策らを含めたら、「最低7工程」が必要な作業となります。

 

屋根塗装と屋根カバー工法、どっちがいいのか。

屋根

塗装屋からすると、塗装を進めたくなりますが、麻布ではカバー工法をオススメすることも少なくありません。

 

屋根カバー工法をオススメするときは、屋根の劣化が進行している場合です。

 

そもそもスレート屋根は、耐久性は決して長いとは言えません。
屋根材そのものの劣化が進行している場合は、塗装しても向こう10年持つなんてとても言えません。
そういう時は、カバー工法をおススメさせていただいております。

 

他には、平成16年(2004年)以前に、新築されたお宅は、屋根材にアスベストが含まれている場合があります。
その場合、葺き替えは通常の費用よりも高くなります。
そんな時に、現状の屋根材の上に、ガルバリウム屋根をかぶせて張れる、屋根カバー工法をオススメさせていただいております。

 

カバー工法で使うガルバリウム鋼板屋根は、非常に軽量で丈夫です。
焼付け塗装が施して有りますから、少な目に言っても軽く20年はもちます。

 

また、耐震性の観点から申し上げますと、屋根は軽いに限ります。
カバー工法は、重ね葺きともいい、既存の屋根材の上に、このガルバリウムの屋根材を葺いていきます。

 

屋根が二重になると、重くなって、耐震性が・・・なんてことも、軽量のガルバリウム屋根では、気にせず施工できるのです。